鶏鍋

保温調理鍋で糖質制限&MEC食

鶏鍋
鶏鍋

先日MEC食に必需アイテムとして「肉用温度計」をご紹介させていただきました。

今回さらにおすすめしたいの(ジャパネットか!)が、これ。真空保温調理鍋。下のもので3年前は定価27000円くらいで購入したのですが、いまの価格をみてびっくり。1万円です。半額以下になっててびっくりしました。

中の鍋で食材をゆでたあと、沸騰した時点で蓋をかぶせ、この保温調理器に入れておくだけで、食材が煮上がります。
その間、ガスも電気もいらないんです。ちょっと時間はかかりますが。

シチューなんかだと1時間も入れておけば、食材は茹で上がります。蓋を開けた時にはまだ熱々ですので、そこでルーなんかを入れれば完成します。

糖質制限食やMEC食ではシチューやカレーは控えたいところ。
なのでいまはもっぱらゆで豚を作ったり、牛すじやテールを煮込むのにつかっています。
あとはゆで玉子も最初沸騰したら、保温鍋へ。いい感じで出来上がります。

食材をゆでて沸騰させ、置いておくだけ。朝作業して、夜の食事のころにはいい具合に柔らかくなってます。あとは味付けするだけです。 
テールなどはこれを2回やる必要がありますが、前日の夜→朝、朝→夜で次の日にはもうトロトロです。

鍋料理やスープにもばっちです。
丸鶏を一羽ぶつ切りにして、保温調理器に1時間入れておきました。
そして半分を水炊き用に使いました。骨と肉の離れ具合も最高でほろほろ。味は染みてる。申し分なしです。
野菜や豆腐をたっぷりいれ、MEC食です。
※厳密にゆうとMEC食では野菜は不要なのかもしれませんが、私はたまに食べたくなります(笑)
もちろん、基本はMEC(肉、卵、チーズ)食です。

鶏スープ
鶏スープ

翌日の夜はのこりをスープに。
味付けもほとんどせず、鶏肉のよい出汁がでています。

保温調理器で放っておくだけで、簡単MEC食です。
低温だから、酵素を壊しません。焦げないし、お肉が柔らかくしあがります。
洗い物が少なくてすみので、料理がとっても楽になります。

ガス台が1個空くのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です