友人の撮った写真

糖質制限15週目におもうこと。

この週末(12/6)で糖質制限を始めて15週間がたちます。

 

最初の4週間はやみくもにスーパー糖質制限(一食の糖質量20g以下)でいっきに15kg減量。
基本的に3食すべて糖質制限をした食事をつづけました。
最初のころはかなりきつかったです。

 

そのあとは渡辺信幸先生のMEC食を中心に糖質制限をしていました。
一日MEC食をがっつり一回。夜は糖質制限食もしくはピスタチオ。

お昼はお腹が減らないのですが、ラーメンを食べる日もありました。

ラーメン屋では麺を半分にし、野菜をたっぷり持って、チャーシューと卵を山盛りにして、スープ(とんこつ)の飲み干す(サンクス!家系ラーメン)のですから、店員さんにしてみれば「こいつだから太ってんだよ」と思われてそうです。(笑)

季節柄飲み会も増えて、周りからみると「こいつ減量してんのか?」と思われていたかもしれません。

 

周りからは暴飲暴食なんではと思われながらも、「体重が増える」ことはありませんでした。
むしろ一週間通してみると、300gくらいは確実に減量できていました。

前にも書きましたが、内臓脂肪がぐんぐん減り、皮下脂肪はぐにょぐにょです。
また腕がほそくなり、やわらかくなりました。

運動はまったくといっていいほどしていません。

最初は「もしかしたら筋肉が落ちてるのでは?」と不安になりましたが、仕事でも以前同様に大きなブロック肉を持ち上げることができます。むしろ以前よりパワフルになったくらいです。「硬いのが良い筋肉だ」と思っていたのかもしれません。

 

でも「顔」が全然やせません。
(いや減ってるのだと思うけど、相対的に痩せてない。)
寒くなったので服を着こみ、白衣をきた私の顔をみた友人は「ゆうてるほど痩せてないやん」といいます。
※糖質セイゲニストin北九州の世話人である三島先生から「まず内臓脂肪、次に皮下脂肪、最後に顔」とエールをいただきました。

 

そんな陰口叩かれながらも、いよいよいま着てる服がぶかぶかになったので、とりあえず「ユニクロ」にいってきました。
8月以前は「ユニクロ」のXLですら、ピチピチの私でした。ピチピチならいいほう。ジャンバーやコートはチャックがしまらない。

ユニクロで物色中に「もしかしたらこのチノパンはいるんじゃね?」と感じました。
以前の胴囲は129.3cm(ドラえもんと同じ)。
妻にも「まだ100cmはあるやろー」といわれ、そのサイズ(なんとかユニクロにもあった)を持ってきてもらいました。

すると、スポッとはいるではないですか。というかブカブカです。

妻もびっくりして次にウエスト88のチノパンを持ってきました。これは無理やろみたいな顔して(笑)

あっさり入りました(笑)皮下脂肪がぐにゅぐにゅなのでするっと入りました。

これからユニクロで服が買えます(笑)

 

次の日が飲み会だったので、とりあずそのズボン履いて出かけました。るんるんです♪

帰り際に駅ホームでであった友人が私を見るなりビックリして笑いながら写メを撮りました。
その写真がこれ。恥ずかしいし、まだまだ太ってるのでちっさく。
友人の撮った写真
顔がまんまるです。

 

あと20kg減量を目標にしていますが、そこにストレスはありません。
むしろ楽しい。好きなモノを食べて痩せるのですから。

体重や食事をコントロールできている感じがします。

糖質コントロールダイエット、略して糖コンダイエットです。

 
小顔になりたい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です