NZ産ホルモンフリービーフのステーキランチ

ローカーボ(低糖質)カフェはじまります。

NZ産ホルモンフリービーフのステーキランチ
NZ産ホルモンフリービーフのステーキランチ

自慢ではないのですが、地元ではちょいと名のしれた(知らないひとのほうが多いけど)カフェをやっています。

コンセプトは肉カフェです。
サイトは「Cafe 小邦寡民」です。

地元を流れる大野川沿いのお肉や野菜、お米を使った料理を提供しています。
「鉄板ステーキランチ」、「鉄板ハンバーグ」それと「鉄板ナポリタン」が人気です。
9割方が女性客です。

もともと肉よりなメニューが多いのですが、今回試験的に「ローカーボ(低糖質)」メニューを追加することになりました。
来週11/19くらいからスタートできると思います。

写真はNZ産ホルモンフリービーフ「オーシャンビーフ」のステーキランチです。

お肉200gだけど、女性向けです(笑)

バター醤油味です。我らが地元フンドーキンの丸大豆醤油です。バターは雪印です(笑)

塩はゲラントのオーガニックソルト「セルグリ」です。高いです(笑)

ガチで甘味はありません。

ライスの追加はお断りです。

写真にはないのですが、これにパンプキンシードがつきます。

これらをよっくりかみかみして、

「昼食後、眠くならない!」

「夜、お腹すかない!」

「たんぱく質でお肌つやつや!」

になるといいですね。

のこり2品のメニューは来てみてくださいね。

「EXバージンオリーブオイル」は店頭においているんですが、「有機ココナッツオイル」も
取り揃えるべく目下交渉中です。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸です。他の油脂の多くは長鎖脂肪酸です。

ココナッツオイルは分子の長さが短いため、他の食用油よりも5倍のスピードでエネルギーになるといわれています。

お楽しみに!

その

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です