糖質制限&MEC食9月目 自分をやる気にさせるキーワード

早いもので糖質制限&MEC食をはじめて9月目に入りました。

相変わらず飲み会などが多いのですが、炭水化物・デザートをさけ、スーパー糖質制限とはいえないものの、スタンダード糖質制限並の糖質量で日々生活を送っています。

糖質制限をはじめた最初の2ヶ月でいきなり20kgくらい落ちたのですが、あとは半年ほどかかってじっくり10kg落ちました。

トータルで30kg減量です。

いま体重80kg近辺を、70kg台に入ることはなく、うろちょろしています(笑)

この5月と6月でいっきに追い込みをかけ、夢の70kg台という小学校3年生のときの体重(なんと!)にもどしたいと思います。

この半年ほどは、糖質を抑えた生活をしながらも「なかなか痩せにくいなあ」と感じていました。

「30年来培った脂肪はそう簡単に燃えないのか」となかば諦めたかけたときもありました(ラーメンやけ食い)。

でも結果的に10kgほど減量できていたんです。

運動はとくにしていません。

挫けそうになったとき、いつもこれからご紹介するキーワードをしっかりと噛み締めていました。

これで私がやる気になっただけなので、みなさまに当てはまるかどうかわかりませんけど。

 

自分をやる気にさせるキーワード1:糖新生

糖質制限をされている方なら、必ず耳にするのが「糖新生」。
体内のグルコース(ぶどう糖)が枯渇すると、肝臓(一部は腎臓)で脂肪からグルコースを作り出します。
このため、きちんとした食事をしている限り、グルコースが不足して低血糖になることはまずありません。

むしろ、糖質過剰の現代の食生活では、高血糖状態がつづき、インスリン過剰分泌で、体調は悪くなるだけです。
高血糖のあとには低血糖がきます。そうなれば、さらに糖質を欲します。コルチゾンやアドレナリンなどのホルモンがでて興奮状態になります。
糖質過剰の食生活では血糖値のコントロールが難しいのです。

よく「グルコースは脳みそや体のエネルギーだから、きちんと食事で摂取しなければならない」という糖質制限への批判を耳にします。

これには大きな間違いがあります。

グルコースは脳みそや体のエネルギーなのはたしかです。間違いありません。 だからといって、体外から摂取する必要があるわけではないです。

旧時代の栄養学ですら「糖質は必須栄養素でもなんでもない」のです。

しかも人間の体内には乾燥重量で1%程度(約4g)程度しかないのです。

そこにごはん1杯の糖質ですら、過剰です。

糖新生が体に必要なグルコースを十分供給します。

だから糖質は摂取する必要はないんです。

 

自分をやる気にさせるキーワード2:ケトーシス

糖質を抑えた食生活をしていると、体のエンジンは蓄えた脂肪を燃やして、エネルギーを作り出します。
その際に燃えカスとして「ケトン体」というものがでます。

これは水溶性で脳みそに届き、脳みそのエネルギーとなります。
ということはグルコースは脳みその唯一無二のエネルギー源ではないのです。

それ以外で体に必要なグルコースは「糖新生」でせっせと作られていきます。

この体に蓄えた脂肪を十分に活用できるようになれば、グルコースで体を動かしていたころよりも、効率よくしかも長く活動できます。

ただこのケトン体で体を動かしているときは血中ケトン体は高い値になります。
0.5 – 3.0mM
になります。

これは普通の病院で検査すれば即入院レベルです。

でもケトン体で生きるケトーシスなひとにとっては「栄養的ケトーシス」と呼ぶべきものです。

これが人間本来の姿です。

 

自分をやる気にさせるキーワード3:中たんぱく質、高脂質食

ケトン体で体を動かすケトーシスになり、健康的に生きていくためには、「中たんぱく質、高脂質」の食生活が必要です。

厳密にいえば、「低糖質、中たんぱく質、高脂質」な食事です。

私の場合、糖質10%、たんぱく質30%。脂質60%程度でしょうか。
たんぱく質はお肉。牧草牛肉やラム肉、豚肉。
脂質は、ココナッツオイルやラードなどの飽和脂肪酸
糖質は、ほとんど取らないのですが、味付け程度。 たまにラーメンは食べます(笑)

健康的なひとであっても、どれくらいの糖質で血糖値を狂わせてしまうかは変わります。
ひとによって「糖耐性」が違うのです。また代謝のレベルも違います。
なので、参考までに。

 

私のまわりで起きていること

私がうるさくいってる影響もあってか、糖質制限の和がここ大分でも広がりつつあります。

こんな痩せてるのに脂質異常症なの?という友人の症状が改善しています。

実は糖尿病なんだ・・・私のまわりにこんなに糖尿病のひとがいたなんて!とびっくりするくらいいるのですが、糖質制限に取り組んだひとは改善していっているようです。

このほかにはなかなか落ちにくかった体重が食事制限なく(糖質は制限)すっきりと痩せたというひとも多くなりました。

「お肉を控えるようにいわれている」という女性も非常に多いです。でも「パンは好き」と必ずといっていいほど言います。
パンやごはんだけでカロリーオーバーになるそうです。だから肉を控えるようにいわれる。

これじゃ栄養失調になりますよね。さらに体調不順で薬を処方される。

本当に良くなりたいなら「糖質制限」ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です