アンデス高原豚でMEC食

アンデス高原豚でMEC食

アンデス高原豚でMEC食
アンデス高原豚でMEC食

※チーズと玉子もいっしょに食べてます。

チリ産の豚肉です。というと、最初はたいてい「えーっ」って言われます。
でもこの豚はおいしいと6年くらい前からネットで販売し始めてから、徐々に売上が伸びていきました。
もちろんコストが安いのもあるのですが、いただいたコメントを見ていると「色がきれい」、「やわらかい」、「脂身がしつこくない」
となかなか高評価をいただいています。

もちろん、当店の「小手川豚トンポーク」も現在足りないくらい人気なのですが、毎日MEC食を続けるとなるとやはりお財布は厳しくなりますね(笑)

チリは南アメリカの南西部に位置し、周辺の地域から隔離されており、自然の要塞とも言われています。そのため豚が病気の発生やストレスが少なく、健康に育ちます。また、全ての豚は生産段階まで遡ることが可能です。生産の安全性を証明する『生産者安全証明書』を発行し、出荷農場や投薬の履歴などもしっかりと管理しています。

※抗生物質投薬は必ずするものでなく、子豚が病気になったときのみです。

今回ネットショップの発送で100gにちょいみたない厚切りが3枚でたので、ここぞとばかりに焼きました。
今回はロースが1枚、肩ロースが2枚です。
薄めの塩コショウで焼いただけ。なんとも簡単な糖質制限食です。
これにチーズと玉子を添えて。サラダはオリーブオイルで。

次回はロース1枚、肩ロース1枚、バラが1枚、余らないかなあ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です